フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第171回:葵わかなさん(俳優)
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第171回:葵わかなさん(俳優)

《3》舞台で演じるときは華やかな香りで

 物語の中で、アーニャは香りで記憶を呼び起こしていくシーンがあるそうです。
 葵さんは、香りを心の切り替えに使っているそう。

「普段、香水はほとんどつけませんが、舞台の公演中はこの香りがしたら今はアーニャだ、というふうに、香水を使います。プライベートではさっぱりしたハーブのような香りが好きで甘いものはあまりつけませんが、役に入って使う香水はフローラルなものかな。舞台のときはいただいたものを使っています」

 きっとそのフローラルな香りは「どんなところにも咲ける花」に繋がっているのかもしれません。

 他者からは見えないところに役作りはあるようです。香りで気持ちを盛り上げるだけではなく、お芝居に入るもっと以前に、物語の歴史的背景を学ぶところから始まっています。

「私は学んだり調べたりするのも好きです。子どもの頃から本が好きで、悩みがあったときに、架空の物語に助けられてリフレッシュできたり、エンタテインメントに助けられて来たのだと思います。今はそのエンタメ側、物語をつくる側に立っていられることが誰かの助けになったり、励みになったりしたら嬉しい。だから、見ている人に寄り添えるようなキャタクターをつくり、演じていきたいです」

 葵さんが架空の物語を演じることへの強い想いが伝わって来ました。

「日本の時代物も、世界の歴史物も、楽しいです。架空に感じること、時空を超えるような物語を演じていきたい。実生活でもいろんなことを経験して、それがまた生きていくと思うし。映像と舞台の比重がどうこうではなく、作品は巡り合いもありますから、いい出会いを次につなげていきたいです」

 架空、ファンタジーであっても、観ている人にとってはその瞬間、自分を重ねられる。葵さんはそんな物語を演じられる稀有な俳優として、これからも活躍されることでしょう。

葵わかなさん

  1. 3/3

⭐️ミュージカル『アナスタシア』公式サイト
https://www.anastasia-musical-japan.jp/
葵わかなさん


取材・文 森 綾
フレグラボ編集長。雑誌、新聞、webと媒体を問わず、またインタビュー歴2200人以上、コラム、エッセイ、小説とジャンルを問わずに書く。
近刊は短編小説集『白トリュフとウォッカのスパゲッティ』(スター出版)。小説には映画『音楽人』の原作となった『音楽人1988』など。
エッセイは『一流の女が私だけに教えてくれたこと』(マガジンハウス)など多数。
http://moriaya.jp
https://www.facebook.com/aya.mori1

撮影 萩庭桂太
1966年東京都生まれ。
広告、雑誌のカバーを中心にポートレートを得意とする。
写真集に浜崎あゆみの『URA AYU』(ワニブックス)、北乃きい『Free』(講談社)など。
公式ホームページ
https://keitahaginiwa.com


2023.8.22 written by 森綾
  1. シェア
  2. LINEで送る

この記事の関連商品

  • インテリアガーデンナチュール フレシュールリネン スティック40本入
  • お香 エスプリドナチュール マグノリア スティック40本入
  • EMOD(エモド) リネンミスト 50ml

オススメ記事

  • スペシャルインタビュー第170回
  • スペシャルインタビュー第169回
  • スペシャルインタビュー第168回

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第191回:浅田美代子さん
  • スペシャル・インタビュー 第190回:Kayaさん
  • スペシャル・インタビュー 第189回:三島有紀子さん
  • スペシャル・インタビュー 第188回:高城れにさん
  • 料理小説『ヒトサラカオル食堂』第13話 本日のお客様への料理『ひと皿ずつの参鶏湯』
  • スペシャル・インタビュー 第187回:真島茂樹さん

スペシャルムービー

  • 花風PLATINA
    Blue Rose
    (ブルーローズ)

  • 日本香堂公式
    お香の楽しみ方

  • 日本香堂公式
    製品へのこだわり

フレグラボ公式Xを
フォローする