フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第88回:六角精児さん(俳優)
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第88回:六角精児さん(俳優)

    1. シェア
    2. LINEで送る

《2》旅は行きづらいところ、手つかずの場所が面白い

鉄道とお酒が好き。そんな六角さんにぴったりの番組がやってきたのも、強運のひとつかもしれません。いや、思いがその仕事を引き寄せたのかも。
 コロナ禍でロケ撮影を休止していたNHK—BSプレミアムの『六角精児の呑み鉄本線・日本旅』(随時放送)も、そろそろ再開予定。待ち遠しく思うファンがたくさんです。

「これから先、失くなってしまう路線もたくさんあるでしょうが、残す理由がなかなか難しい。鉄道好きとしては、乗りに行って少しでも貢献するしかない。老齢化で人口が減って鉄道というもの自体が斜陽産業で。どうやって持ち直すのか、大きな問題です。そんななかで、いろんな災害を経て頑張っている三陸鉄道の話を聞くと、自然と応援にも力が入ります」

六角精児さん

 車窓として好きなのは「北海道」。

「北海道はすべて好きですね。和歌山あたりもいい。行きづらいところ、というのが魅力になる。たとえば熊野神社なんてそうだけれど、険しいところを通って、神様にやっと会えるわけですよね。サンクチュアリっていうのは、そういうものなんでしょうね。手つかずの場所が面白いです」

 旅を心底楽しめる六角さん、好きな土地も、あまり人が集まらないところのよう。番組の再開も間もなく。

「茨城か栃木にいく予定です。でもロングシートで酒飲むのはどうかな。アル中みたいでしょ(笑)」

 確かに、車窓と顔は直角であってほしい気がします。車窓に映る六角さんがまた素敵なのです。

六角精児さん

《3》演劇は苦労の先にある若干の達成感。音楽はただただ楽しい

 旅が似合う人は音楽も似合います。もともと、高校時代も先に音楽をやっていた六角さん。「六角精児バンド」は、今や九州などにもツアーに出かける、知る人ぞ知る人気バンド。もともとは劇団のイベントでやってみたのが、今のバンドのもとになりました。

「33~34歳のときに、劇団のイベントで、おやじバンドを結成したのです。それが少しずつ続いて、ライブが少しずつ増えていった。じゃ、アルバム作ってみようか、と。そうしたら『呑み鉄本線・日本旅』のなかで、曲を流してくださったので、2枚目も作ろうか、というような流れで。無理しないようにやっています」

 コロナ前のツアーでは、福岡、鹿児島、大分という九州ツアーや、関西、去年は北海道にも行ったとか。

「音楽は好きですね。聴くのも好きだけど、バンドで合わせていい感じになる瞬間が掛け値なしに楽しい。芝居は台本があって、それをお客さんに伝える自分の役目というものがあります。役者にとって台本というのは導きでもあり、制約でもある。楽しむまではなかなか時間がかかります。苦労の先にある、若干の達成感という感じ。音楽はただただ楽しい。ただ、生きる糧にするには難しいから、ちょっとずつ、ちょっとずつ」

 音楽の話になった六角さんの顔はとても楽しげに、柔らかい表情になりました。

六角精児さん

  1. 2/3
フレグラボ公式Twitterを
フォローする

スペシャルムービー

最新記事

  • 『香草子』その35「土を味わう」

    更新日:2022年12月2日

  • 『香草子』その34「新月の日のラベンダー」

    更新日:2022年11月24日

  • スペシャル・インタビュー 第149回:水晶玉子さん

    更新日:2022年11月18日

  • スペシャル・インタビュー 第148回:クリスチャン・ボラーさん

    更新日:2022年11月11日

  • 禅と香〜鎌倉・浄智寺を訪ねて

    更新日:2022年11月1日

  • スペシャル・インタビュー 第147回:垣花正さん

    更新日:2022年10月31日

  • 「香とくらす」vol.1 花と楽しむ香り(後編)

    更新日:2022年10月24日

  • 『香草子』その33「もてなすしあわせ」

    更新日:2022年10月11日