1. HOME
  2. 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
  3. 第8話 『麻貴の決断』
    1. 特集
  • 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
    第8話 『麻貴の決断』

《4》

 私には会えないけど、ライブには行くんだ。

 それが、麻貴にはショックだった。ショックのなかには、二つの種類があった。一つは、その言葉通りの翔平の気持ちが。もう一つは、自分が「仕事と私、どっちが大事?」なんて言うような女ではないと思っていたのに、そうでもなかったことが。
自分だけが、炎を燃やしていて、その炎がくしゅんと消されて、燃えかすの臭いがしているような気持ちだった。

 麻貴は溜池山王まで歩き、地下鉄に乗ってドアの前に立った。少し涙が出た。泣くほどのことではない、と思い直すが、やっぱり涙が出た。

 うちにたどり着くと、どっと疲れた。凍っているような気がするスマホには、着信もメールもなかった。

 翌朝、10時を過ぎた日曜の朝。麻貴は翔平にLINEを送った。

「おはようございます。大丈夫?」

「熱はほぼ下がりました」

「よかった」

「フレンチクルーラーと、ポカリスエットのおかげで」

 麻貴はくすっと笑って、ハートのたくさんついたスタンプを返した。

 あの人は、会社へ行くより、私に会うより、たぶんピアノを弾くのが好きなのだ。
だったら、まず、会社を辞めさせてあげたらどうだろう。

 私は翔平にとって、ピアノの次の、2番目でいい。

 だから、ずっと一緒にいてほしい。

 そう思うと、不思議なことに、麻貴は気持ちが楽になった。

 そして今度会ったら、彼にそう言おうと、決めた。

To be continued…

★この物語はフィクションであり、実在する会社、事象、人物などとは一切関係がありません。

  1. 4/4

作者プロフィール

森 綾 Aya mori
https://moriaya.jimdo.com/
大阪府生まれ。神戸女学院大学卒業。
スポニチ大阪文化部記者、FM802編成部を経てライターに。 92年以来、音楽誌、女性誌、新聞、ウエブなど幅広く著述、著名人のべ2000人以上のインタビュー歴をもつ。
著書などはこちら

挿絵プロフィール

オオノ・マユミ mayumi oono
https://o-ono.jp
1975年東京都生まれ、セツ・モードセミナー卒業。
出版社を経て、フリーランスのイラストレーターに。 主な仕事に『マルイチ』(森綾著 マガジンハウス)、『「そこそこ」でいきましょう』(岸本葉子著 中央公論新社)、『PIECE OF CAKE CARD』(かみの工作所)ほか
書籍を中心に活動中。

  1. LINEで送る

この記事の関連商品

  • レーヴ ブラン
  • アンミング
  • アロマベラ マッサージオイル

オススメ記事

先週の人気記事

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第34回 滝ともはるさん

    更新日:2018年11月8日

  • 太りやすいこの時期に!ダイエットに役立つアロマ

    更新日:2018年11月7日

  • スペシャル・インタビュー 第33回 大野えりさん

    更新日:2018年10月29日

  • 幅広く活躍するフレッシュな香りレモングラス

    更新日:2018年10月17日

  • ハロウィンの魔除けにはアロマが使われていた!?

    更新日:2018年10月12日

  • スペシャル・インタビュー 第32回 曽我廼家八十吉さん

    更新日:2018年10月9日

  • スペシャル・インタビュー 第31回 Moecoさん(松下萌子さん)

    更新日:2018年10月5日