1. HOME
  2. バックグラウンド・インタビュー「香を紡ぐ」
  3. 第7回:橘美衣さん(株式会社日本香堂 営業本部専門店部)
    1. 特集
  • 香りを紡ぐ人びと
    第7回 橘美衣さん
    (株式会社日本香堂 営業本部専門店部)

お茶の香り、コーヒーの香り

また一般家庭でも、そういったスタイリッシュなお仏壇に合わせ、これまでとは違ったお線香が好まれていると言います。

「お線香は香煙を通じ、故人と今生きる私たちとの心をつなぐものです。だから、亡くなった方の好きな香りをと考える方もいるし、生きている自分が好きな香りがいいと思う方もいる。どちらもあってよいのだと思います」

そこで開発されたのが『薫り合わせ』というシリーズ。

「お茶の香りのお線香には、伊藤園様に依頼して特別な香り高いお茶のエッセンスを配合しています。またコーヒーのお線香はエスプレッソの香りを配合してもらいました。パッケージに描かれた二つのティーカップは、故人との語らいをイメージしています。」

身近な香りのお線香は、日常のなかで、アロマのようにも使えそうです。

「私は自宅でカレーの匂いなどをマスキングをするためにも使っています。お香よりも香りのやさしいシリーズなのでおすすめですよ。来客の際は玄関でたいたりもします。」

終活イベントで感じる、備えの大切さ

橘さんの営業先には、葬儀社もあります。最近は「終活」イベントを開催する葬儀社も増えました。

「同じ仏教でも宗派によって使うお線香が違うといったこともあるでしょうし、弔い方、別れ方のいろいろを実際に見ておきたいと考える方は増えています。
棺の入棺体験などというのもあったり。遺影を撮れるコーナーも人気ですね。
そういった場所では我々は香り袋を作るワークショップを開催したりしています。
まずは香りに親しんでいただくことも大切かと思うのです。」

家族葬が増えていることから葬儀の単価は下がっていますが、2040年には死亡人口はピークになるとか。

伝えていきたい、人の気持ちを癒す香り

お線香の良さをどんなふうに伝えていくか。橘さんは常にこんなことを考えています。

「ご供養と同時に、大切な人を亡くして気持ちが沈んでいるのを慰めるというのがお線香の大きな目的のひとつでもあります。その慰めの気持ちの大切さを伝えていきたいですね」

商品を売るということだけではなく、気持ち、習慣を伝えていく。橘さんの仕事の意味は深いのです。

◆おすすめ商品

橘さんが日常に使っているもう一つの便利な商品が、このアウトドアスプレー。

Body mist

「6歳の息子が公園で遊ぶときなどにも使っています。軽い虫除けになりますし、保湿成分が入っていて肌もしっとりするので、私も愛用しています。」

  1. 2/2

取材・文 森 綾
https://moriaya.jimdo.com/
大阪府生まれ。神戸女学院大学卒業。
スポニチ大阪文化部記者、FM802編成部を経てライターに。92年以来、音楽誌、女性誌、新聞、ウエブなど幅広く著述、著名人のべ2000人以上のインタビュー歴をもつ。
著書などはこちら

撮影 ヒダキトモコ
https://hidaki.weebly.com/

  1. LINEで送る

この記事の関連商品

  • 華ともか
  • 薫りあわせ
  • かゆらぎ

オススメ記事

  • バックグラウンドインタビュー第4回
  • バックグラウンドインタビュー第5回
  • バックグラウンドインタビュー第6回
フレグラボ公式Twitterを
フォローする

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第108回:野村宏伸さん

    更新日:2021年7月21日

  • ハーブティー、どれを選ぶ?

    更新日:2021年7月16日

  • スペシャル・インタビュー 第107回:服部百音さん

    更新日:2021年7月14日

  • 『香草子』その18「文芸部のヘンな私たち」

    更新日:2021年7月7日

  • スペシャル・インタビュー 第106回:田村直美さん

    更新日:2021年7月2日

  • 自然を感じたい時ーヒノキ・サンダルウッド

    更新日:2021年6月30日

  • ジメジメを吹き飛ばす!爽やかアロマグッズ

    更新日:2021年6月24日

  • 『香草子』その17「香りの丘の修道女たち」

    更新日:2021年6月18日