1. HOME
  2. バックグラウンド・インタビュー「香を紡ぐ」
  3. 第8回:唐木雅徳さん(miroku yoga studio主宰)
    1. 特集
  • 香りを紡ぐ人びと
    第8回 唐木雅徳さん
    (miroku yoga studio主宰)

ヨガでの香りの使いかた

唐木さんは、実際にはヨガでどんなふうに香りを使っているのでしょうか。

「ヨガスタジオは、生活の場でも職場でも友達と遊ぶ場でもない。だから、ここに入ったときにスィッチを切り替えるためにお香やアロマをたきます。『よし、ヨガをやろう』という心の切り替えですね。深呼吸すると、神聖な気持ちになれるように。」

確かに生活臭があると、日常の雑事を思い出してしまいそうです。

「最近、たいているのは、アロマベラ・シリーズのアロマティック・インセンスの『リラクゼーション』。香りにクセがなく、落ち着きます。生徒さんたちにも好評です。ちょうど30分で燃焼するので、瞑想するときの時計代わりにもなります。」

香皿は、唐木さんのお父様の作品。空間と香りにしっくりと似合っています。

瞑想を助けてくれる香

ヨガにおいて、瞑想の時間はとても大切。しかしいきなり「無」になれと言われても難しいものです。

「脳をクリアにするのが瞑想ですが、確かにいきなりは難しいです。そこで、香りに集中するとか、斜め45度を見つめ続けるとか、自分の呼吸に意識を集中させるとか、いろんな助け舟が必要になってきます。レーズンを一個、口に含むという方法もあるし、キャンドルの炎を見つめ続けるという方法もあります。つまり、何かひとつのことに集中することで、脳をクリアにする助けをもらうわけです。そこからスタートしてもいいのです。」

眠る前に5分でも10分でも香をたいて脳をクリアにする。そんな時間が日常にあってもいいのかもしれません。

アロマティック インセンス

●Miroku yoga studio
千葉県佐倉市弥勒町(みろくまち)248
駐車場有り(4台)
<最寄駅より徒歩>
京成佐倉駅より徒歩15分
http://mirokuyoga.com/

●NPO法人みらいじま
http://www.miraijima.org/

  1. 2/2

取材・文 森 綾
https://moriaya.jimdo.com/
大阪府生まれ。神戸女学院大学卒業。
スポニチ大阪文化部記者、FM802編成部を経てライターに。92年以来、音楽誌、女性誌、新聞、ウエブなど幅広く著述、著名人のべ2000人以上のインタビュー歴をもつ。
著書などはこちら

撮影 上平庸文

  1. LINEで送る

この記事の関連商品

  • アロマベラ アロマティックミスト 昼夜セット
  • アロマティック インセンス
  • CD YOGA II

オススメ記事

  • バックグラウンドインタビュー第5回
  • バックグラウンドインタビュー第6回
  • バックグラウンドインタビュー第7回

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • 「八十八夜」に楽しむお茶の香り

    更新日:2019年4月26日

  • スペシャル・インタビュー 第44回  ミック・イタヤさん

    更新日:2019年4月26日

  • 長編小説第17話

    更新日:2019年4月24日

  • 上品で濃厚な甘い香り-バニラ

    更新日:2019年4月22日

  • 「お香の日」って?

    更新日:2019年4月5日

  • 浄化の力を持つアロマ-ジュニパー

    更新日:2019年4月3日

  • スペシャル・インタビュー 第43回  山本容子さん

    更新日:2019年3月29日

  • スペシャル・インタビュー 第42回  波戸場承龍さん

    更新日:2019年3月27日

  • スペシャル・インタビュー 第41回  南里沙さん

    更新日:2019年3月22日

  • スペシャル・インタビュー 第40回  山下久美子さん

    更新日:2019年3月19日

  • スペシャル・インタビュー 第39回 野月聡さん

    更新日:2019年3月12日

  • 長編小説第16話

    更新日:2019年3月11日

  • 街を香り豊かにする「かおりの樹木225選」

    更新日:2019年3月4日