1. HOME
  2. 意外と知らない!香りの正しい知識
  3. 幅広く活躍するフレッシュな香り‐レモングラス
    1. 知識
  • 幅広く活躍するフレッシュな香り‐レモングラス

使用方法

レモングラスティー

レモングラスには抗菌作用や抗ウイルス作用があり、風邪の予防にも良いとされています。
風邪の流行る時期にホットで飲むのが最適です。
また、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、栄養補給にもおすすめ。
ハーブティーの中でも飲みやすく、食事と一緒に香りを楽しむにはもってこいですね。 作り方は、生のレモングラスの場合は水の状態からレモングラスを入れて、沸騰させれば完成。
ドライハーブの場合はティースプーン2杯のドライハーブに熱湯を注ぎ、3分ほど蒸らすだけ。
レモングラスティーだけでなく、ミネラルウォーター1リットルに対して、レモングラス8本、ローズマリー5本を入れて1日寝かすだけで簡単にデトックスウォーターも作ることができるそうです。

アロマバス

心が疲れた時や元気を出したいときは、レモングラスの精油でアロマバスを。
お風呂に入る時に湯船に精油を2、3滴たらせば、爽やかなレモングラスの香りがお風呂全体に広がり、優雅なバスタイムを味わうことが出来ます。
ただ、入れすぎてしまうと敏感なお肌を刺激する場合もありますので、まずは1滴だけ入れてお肌の反応を確かめたほうが良いでしょう。また、お肌の弱い人は、オリーブオイルやホホバオイルといったキャリアオイル、またははちみつなどを一緒に入れて楽しむと良いですよ。

注意点

妊娠中は控えましょう
子宮を収縮する作用があると言われているので、妊娠中の方は使用しないようにしましょう。
流産や早産となる危険性があります。

アレルギーチェックをしましょう 
レモングラスはイネ科なので、イネ科アレルギーの方は注意しましょう。

肌が弱い方は直接触れないように 
肌の炎症を起こす可能性があります。
肌の弱い人やお子様はパッチテストを実施し、薄めるなどして利用したほうが良いです。

  1. 2/2
  1. LINEで送る

この記事の関連商品

  • インテリアガーデン レモングラス&ミント ラタンブーケ
  • エッセンシャルオイル各種
  • アロマベラ

オススメ記事

  • クラリセージ
  • ユーカリ
  • グレープフルーツ

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • モヤモヤしている時 ― ラベンダー・ネロリ

    更新日:2020年05月26日

  • 香りとAI、どう融合する?

    更新日:2020年5月22日

  • スペシャル・インタビュー 第76回:今道しげみさん

    更新日:2020年5月21日

  • 『香草子』その5「父と旅する」

    更新日:2020年5月13日

  • スペシャル・インタビュー 第75回:戸賀敬城さん

    更新日:2020年5月1日

  • 弱気になっている時 ― ローズマリー・フランキンセンス

    更新日:2020年04月30日

  • 『香草子』その4「白い蛇のいる家」

    更新日:2020年4月24日

  • 頑張りすぎた目の疲れに、癒しのアロマ

    更新日:2020年4月23日