1. HOME
  2. FragColumn
  3. 「八十八夜」に楽しむお茶の香り
    1. コラム
  • 「八十八夜」に楽しむお茶の香り

「八十八夜」と「お茶」の関係 ※諸説あるうちの1つです

八十八夜を過ぎると天候も安定し、ばんそう(初夏に降りる霜のこと)が降るほど冷え込むことはないとされていることから、茶摘みを行うには最適な時期と言われています。霜が降りてしまうと茶葉は甚大な被害を受けてしまうため、八十八夜を目安に茶摘みを開始する農家が多いんだそう。
八十八夜頃の4月下旬から5月下旬に摘まれた「一番茶(新茶)」は、その後に摘まれる茶葉よりも栄養価や旨味成分がたっぷり含まれていて、「新茶を飲むと病気にならない」「八十八夜に摘まれたお茶を飲むと長生きできる」と言われています。
ちなみに6月下旬から7月上旬に摘まれるお茶は二番茶、8月下旬に摘まれるお茶は三番茶と呼ばれています。それぞれ味も香りも違うので、飲み比べてみるのも良いかもしれません。
そんなお茶ですが、香りにも私たちにとって嬉しい働きをしてくれるんです。

お茶の香りのはたらき

お茶を飲んだとき、なんだかほっとするような感覚になったことはありませんか?
私たちにとって馴染み深いお茶の香りは、気持ちを癒してくれたり、ほっと落ち着かせてくれたりする成分が含まれていると言われています。
その主な成分は、茶葉独特の青々とした香りの青葉アルコール、爽やかでフローラルな香りを持つリナロールとグラニオール、そして香ばしい焙煎香を持つピラジンの4つ。ピラジンは茶葉に火を通すと生まれる香り成分で、主にほうじ茶に含まれ、リラックスしたいときや体が冷えているときに良いとされています。この4つの成分は、ストレスや不安感を和らげたり、リラックスさせてくれたりするそうです。

おわりに

いかがでしたか?
昔から日本人に親しまれている緑茶ですが、時季や加工の仕方によって違う味や香りを楽しめるだけでなく、私たちにとって様々な嬉しい作用があるからこそ、無意識に好まれているのかもしれません。
新生活が始まり、少し気持ちが不安定になりやすい八十八夜の頃に、新茶を飲んだり、お茶の香りを楽しんだりして、ほっと一息ついてみてはいかがでしょうか。

  1. 2/2
  1. LINEで送る

この記事の関連商品

  • 伽羅大観
  • かゆらぎ 沈香
  • 毎日白檀香

オススメ記事

  • 「お香の日」って?
  • 街を香り豊かにする「かおりの樹木225選」
  • 受験シーズン到来!やる気、集中力がアップするアロマ

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • モヤモヤしている時 ― ラベンダー・ネロリ

    更新日:2020年05月26日

  • 香りとAI、どう融合する?

    更新日:2020年5月22日

  • スペシャル・インタビュー 第76回:今道しげみさん

    更新日:2020年5月21日

  • 『香草子』その5「父と旅する」

    更新日:2020年5月13日

  • スペシャル・インタビュー 第75回:戸賀敬城さん

    更新日:2020年5月1日

  • 弱気になっている時 ― ローズマリー・フランキンセンス

    更新日:2020年04月30日

  • 『香草子』その4「白い蛇のいる家」

    更新日:2020年4月24日

  • 頑張りすぎた目の疲れに、癒しのアロマ

    更新日:2020年4月23日