1. HOME
  2. 連載読み切り短編小説『香りの記憶』
  3. 第5回『白トリュフとウォッカのスパゲッティ』
    1. 小説
  • 連載読み切り短編小説『香りの記憶』
    第5話『白トリュフとウォッカのスパゲッティ』

《4》

白トリュフとウォッカのスパゲッティ④

えんちゃんと元カレの待ち合わせは、正午にサンスーシ宮殿の前、ということになっていた。

 サンスーシ宮殿は、金の飾りのあるロココ調の派手な建物だ。建物の足元は段々畑のようにオレンジが植えられている。秋にはたわわに実り、オレンジ色になったのだろう。もうその時期も過ぎていて、冷たい風が吹き抜けていた。

「なんか可愛い建物だね。ちょっと見に来てよかったかも」

 エリコは建物を見上げて言った。えんちゃんもじっと見上げていたが、おそるおそる時計を見ながら、辺りを見渡す。

「… もう時間を過ぎてる」
「遅れてんのよ」
「そういう人じゃないんだけど」

 10分過ぎても、15分過ぎても、ベンちゃんという人は現れなかった。30分も経つと、二人とも体が芯から冷えてきた。

「もう来ないわ、きっと」
「時間間違えたんじゃ…」
「ううん、もういいの」

 えんちゃんは、最後に、という感じで、もう一度サンスーシを見上げた。

「このお城はね、フリードリヒ2世という人が建てたの。その人はゲイで、ずっと独身で。若い頃は楽しんでいたのだけど、年をとって、誰も遊んでくれなくなって、最後はイヌとお墓に入ったんだって」

「…ふうん」

 エリコは自分のことのように悲しくなってきた。いっつも強気で口が悪いえんちゃんが、今日はか弱い女のコになっている。

「でもね、来てよかった。もうあきらめがついたわ」
「うん。えんちゃん、大丈夫だよ。あんたイケメンだから、まだまだ次がいるわよ。ちょっと口が悪いけど。… 残念な男だけどさ」

「いやだ。残念な女に言われたくないわ」

 二人は笑って、帰る前にもう一度、あのスパゲッティは食べておこう、と約束した。

  1. 4/4

作者プロフィール

森 綾 Aya mori
https://moriaya.jimdo.com/
大阪府生まれ。神戸女学院大学卒業。
スポニチ大阪文化部記者、FM802編成部を経てライターに。 92年以来、音楽誌、女性誌、新聞、ウエブなど幅広く著述、著名人のべ2000人以上のインタビュー歴をもつ。
著書などはこちら

挿絵プロフィール

オオノ・マユミ mayumi oono
https://o-ono.jp
1975年東京都生まれ、セツ・モードセミナー卒業。
出版社を経て、フリーランスのイラストレーターに。 主な仕事に『マルイチ』(森綾著 マガジンハウス)、『「そこそこ」でいきましょう』(岸本葉子著 中央公論新社)、『PIECE OF CAKE CARD』(かみの工作所)ほか
書籍を中心に活動中。

  1. LINEで送る

この記事の関連商品

  • エステバン
  • ショコラギフト
  • アロマベラ マッサージオイル

オススメ記事

先週の人気記事

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第34回 滝ともはるさん

    更新日:2018年11月8日

  • 太りやすいこの時期に!ダイエットに役立つアロマ

    更新日:2018年11月7日

  • スペシャル・インタビュー 第33回 大野えりさん

    更新日:2018年10月29日

  • 幅広く活躍するフレッシュな香りレモングラス

    更新日:2018年10月17日

  • ハロウィンの魔除けにはアロマが使われていた!?

    更新日:2018年10月12日

  • スペシャル・インタビュー 第32回 曽我廼家八十吉さん

    更新日:2018年10月9日

  • スペシャル・インタビュー 第31回 Moecoさん(松下萌子さん)

    更新日:2018年10月5日