1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第28回:松浦俊夫さん
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第28回:松浦俊夫さん

《4》

ライフスタイルと音楽。独自のダンディズムとセンスにこだわり続けてきた松浦さんが、次に考えるのは、どんな一手なのでしょう。

「今回のアルバムのアプローチはあえてポップだった。ただし、音的にはこだわって。お金をかけてもあえて海外でやることは必要だったと思っています。それはクリエイティビティに関わることであり、音に出ることだから。若い人たちは情報は早いし、量も多いけど、動きはスローなことが多い。僕はそこで素早く動いて掴み取りたい。とあるファッションブランドの新しいクリエイティブ・ディレクターがパリのショーで今回のアルバムを使ってくれたり、同じタイミングでアルバムを聴いたオーストラリアの最近気に入っているバンドから連絡があり、来年2月に主宰するフェスで一緒にやりましょう、他にも一緒にレコーディングをしましょうと海外のアーティストからメールがきたりしています。そういう動きが嬉しいですね、やはり。」

目指すのは、音の生っぽさを生かす、熟練者の塩梅と集中力。

「たとえば、昔だったら、録音した音を粉々にして、何ヶ月もかかって繋ぎ直して、という作り方もしていた。それが受け入れられる土壌も、受け入れられる市場もありました。でも今は、生感というか、Rawさ加減が重要視されている。それも理解した上で、その生のものにひと手間つけて、味を引き立てる。そこにこだわりを見せたい。完璧な素材を最小限の手の入れ方で最高の味にする、和食やイタリア料理のように。でも、気持ちは新人アーティストがスタートラインに立っているような気持ちで臨んでいます。」

世代を問わず、音楽を通じて人と組み、ものを作る。松浦さんはこれからますます新しい音と空間を作っていくのでしょう。

松浦俊夫さん

  1. 3/3

【撮影した場所】

WIRED HOTEL ASAKUSA
日本の伝統と、新しいデザインが融合した、カフェカンパニー経営のホテル。
毎月第1、第3月曜日19:00〜21:00に、1階カフェスペースから全世界に向けてインターネットラジオ「Worldwide FM 」の公開生放送を開催中。松浦俊夫さんがプレイしている。

東京都台東区浅草2-16-2
電話 03-5830-7931
http://wiredhotel.com/


取材・文 森 綾
https://moriaya.jimdo.com/
大阪府生まれ。神戸女学院大学卒業。
スポニチ大阪文化部記者、FM802編成部を経てライターに。 92年以来、音楽誌、女性誌、新聞、ウエブなど幅広く著述、著名人のべ2000人以上のインタビュー歴をもつ。
最新著書は、「大阪のおばちゃんの人生が変わるすごい格言一〇〇」

撮影 ヒダキトモコ
https://hidaki.weebly.com/


2018.8.31 written by 森綾
  1. LINEで送る

この記事の関連商品

  • エステバン カードフレグランス トンカ
  • nk pure 入浴剤 ラベンダー
  • セダー フロストキャンドル

オススメ記事

  • スペシャルインタビュー第27回
  • スペシャルインタビュー第26回
  • スペシャルインタビュー第25回

先週の人気記事

最新記事

  • ほんのり甘く、女性にうれしいアロマ‐クラリセージ

    更新日:2018年9月6日

  • スペシャル・インタビュー 第28回 松浦俊夫さん

    更新日:2018年8月31日

  • 長編小説第12話

    更新日:2018年8月28日

  • 多方面に万能!スッキリ爽快な香り-ユーカリ

    更新日:2018年8月1日

  • スペシャル・インタビュー 第27回 芳本美代子さん

    更新日:2018年7月27日

  • スペシャル・インタビュー 第26回 宮尾俊太郎さん

    更新日:2018年7月25日