1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第51回:青島広志さん
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第51回:青島広志さん

《3》

どんなイベントでも、出演者と観客とを深く結びつけようとする心配りも、青島さんならではのものでしょう。たとえば、今年はBunkamuraオーチャードホールに戻ってくる『青島広志のバレエ音楽ってステキ!』でも、開演前には入り口あたりにいるとおっしゃいます。

「どういう世代の、どういう雰囲気の方が多いのか、そういうことを必ずこの目で確かめるのです。それによってどんな話をしようか、してはいけないかを考える。
本番中には劇場の大きさによって、声の張り方を変えたりもします。例年このコンサートの会場となるオーチャードホールは高さと奥行きを持っていますから、どうしても観客との距離が遠くなってしまいます。ですが、そこを埋めるように話しかけたりアクションをする努力はいつも心がけています。でも折角観に来てくれるのですから、より近くで楽しんで欲しいですね」

このイベントにかける、青島さんの思いは純粋で強いのです。

「私にはまだバレエは未知なることが多いです。そして、バレエは美しいものであって冒すべきものではないと思う。Kバレエカンパニーの熊川哲也先生は素晴らしい方ですよ。最初に私を見たときは『異国から献上された珍奇なオウムを見るように』見つめていらしたけど(笑)。
オペラをバレエ作品として上演することもなさっていて、少し前には『カルメン』を。これは素晴らしかった!そして今度は『マダム・バタフライ』を新しく上演されるのですが、プッチーニの音楽に舞踏的な要素がないから、思いきって半分くらいカットしたと。そのお話を聞いた時、それは英断だと思いました。『ある晴れた日に』だけは主題歌として大切にしていただきたいけれど、どのようになるのでしょうね」

ひとつだけ、バレエの観客がこうだったら良いのにと青島さんが思うことがあります。

「オペラでは、主役以外の端役にも盛大な拍手が来ます。ある程度年令が上がってくると主役を務めていた歌手がキャラクター的な役や主役を引き立てるような役を担うことはあるのですが、そのような方にも主役と同等のもしくはそれ以上の拍手がくる。たとえば屍体の役をやって、突然起き上がって歌うというようなコミカルな役を演じた場合に対しても。それまでに築いてきたアーティスト人生への軌跡がそこにあるように思うのです。バレエにはまだそういう拍手が少ないような気がするのです。」

バレエ音楽を通じ、みんながバレエへにもっともっと総合芸術としての愛を注いでほしい。青島さんはそんな思いをもっていらっしゃるのではないでしょうか。

青島広志さん

《4》

美しいものには敏感な青島さんは、香りを嗅ぎ分ける力にも優れた人。

「ブルーローズという青いバラからとった香りが好きです。バラにもいろんな香りがありますけれど、これはいいですよ」

香水になったブルーローズを嗅がせていただきました。気品があり、最初の香りだちはとてもクール。そのあとに華やかさが広がっていくような、男性にも似合うローズです。

「紅茶の香りも好きです。香りで種類を嗅ぎ当てることはできるかもしれません。コーヒーは自分が悪い人になりたいときに飲みます。たとえば、人に優劣をつけなくてはならない試験のとき。私はいいところを見てあげたいと思うから、本当は試験で人を落とすなんて嫌なのです。あとはあまりないですが、謝礼の相談をするとき。そして、ベートーヴェンを弾くとき」

青島さんがコーヒーの香りを味わったあとで弾くベートーヴェンを聴いてみたくなりました。
香りには、自分の心を妖しくも自在に操作する力もあるのです。

"青島広志のバレエ音楽ってステキ!" 夏休みスペシャルコンサート2019

見て!聴いて!楽しむ! 夏休みにバレエ音楽の魅力をお届け!

誰しも1度は耳にしたことがある、バレエ音楽の名曲の数々をお届け。今回初助手を務める栗山と青島先生が軽妙なトークで楽器やバレエなどの秘密に迫ります。また今年は中村祥子ら実力派ダンサーが集結し、テクニックを余すところなく堪能できます。バレエやクラシック音楽になじみのない方・コンサートが初めてという方でも楽しめ、指揮体験・演奏参加コーナーなど、盛りだくさんの本公演は必見間違いなし!

コンサート

◆日程◆ 2019年7月30日(火)11:30開演 / 15:30開演
31日(水)13:00開演
◆会場◆ Bunkamura オーチャードホール
◆監修◆ 熊川哲也
◆演出◆ 宮尾俊太郎
◆指揮とお話◆ 青島広志
◆助手◆ 栗山廉
◆演奏◆ シアター オーケストラ トーキョー
◆バレエ◆ Kバレエ カンパニー
◆料金◆ S席 6,800円 A席 4,500円 B席 3,000円(税込)
*4歳以上の入場可能です。ただしお席が必要です。
◆主催◆ K-BALLET/TBS/Bunkamura
◆特別協賛◆ 大和ハウス工業株式会社
◆協賛◆ Sugarlady
◆後援◆ 渋谷区教育委員会
◆お問い合わせ◆ チケットスペース03-3234-9999
Bunkmauraチケットセンター03-3477-9999
◆WEBサイト◆ https://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/19_aoshima/
◆Facebook◆ @aoshima.ballet

  1. 2/2

取材・文 森 綾
https://moriaya.jimdo.com/
大阪府生まれ。神戸女学院大学卒業。
スポニチ大阪文化部記者、FM802編成部を経てライターに。 92年以来、音楽誌、女性誌、新聞、ウエブなど幅広く著述、著名人のべ2000人以上のインタビュー歴をもつ。
最新著書は、「大阪のおばちゃんの人生が変わるすごい格言一〇〇」

撮影 上平庸文



2019.7.19 written by 森綾
  1. LINEで送る

この記事の関連商品

  • かゆらぎ
  • コーヒー
  • インテリアガーデン

オススメ記事

  • スペシャルインタビュー第50回
  • スペシャルインタビュー第49回
  • スペシャルインタビュー第48回

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • 長編小説第20話

    更新日:2019年8月20日

  • 夏の簡単ダイエット!アロマ特集

    更新日:2019年8月15日

  • 夏本番!日焼けのケアにおすすめのアロマ

    更新日:2019年8月14日

  • 長編小説第19話

    更新日:2019年8月07日

  • 嘉門タツオさん

    更新日:2019年8月06日

  • 元気になりたいときには ― オレンジ・ベルガモット

    更新日:2019年7月25日

  • 青島広志さん

    更新日:2019年7月19日

  • 栗山廉さん

    更新日:2019年7月16日

  • スペシャル・インタビュー 第49回  熊谷真実さん

    更新日:2019年6月28日