1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第57回:三遊亭小遊三さん(落語家)
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第57回:三遊亭小遊三さん(落語家)

《3》

実は小遊三さんの青春時代には、オリンピックの聖火ランナーをやったという思い出もありました。

「東京オリンピックは高3のとき、山梨69区、約1.2キロ。待っている間に雨が降ってきて『聖火、消えないのかな』とつぶやいたら、先生に『聖火は水に突っ込んでも消えないんだっ。気合い入れて走れ‼︎』と叱られてね。長野オリンピックのときは消えまくったでしょう?気合いが足りなかったんだよ、きっと。来年?走らないのかって?神聖なものだし、縁起ものだからさ、若いハツラツとした人にやってもらうほうがいいよ」。

《4》

「笑点」に抜擢されたのは、青天の霹靂だったと今も嬉しそう。

「プロデューサーに呼ばれて『笑点に出るか』『一席ですか』『大喜利だよ、レギュラーの。嫌か』『え、嫌じゃないです』ってさ」

古典落語への思いは、今も熱いものがあります。

「古典のなかにもいいものがいっぱいあってね。そういうものをみんなにわかりやすく伝えていくという役割ってあると思うんですよ。いい新作を作る人はいっぱい作ってもらってさ。そりゃ一発当てれば飯が食えるから新作をおやりなんて言われたこともあるよ。前の噺家が新作でガツンとウケてると、ありゃ、自分のは笑ってもらえないんじゃないかと思うこともある。でもお客さんも意外と変わり身が早くてね。ちゃんと聴いて笑ってくれる。私は昔のいいものをやってきたし、これからもやっていきたいですね」

小遊三さんが語る味わいはその場の空気に溶け込んで、なんとなく立ち去りがたいような心地よい気だるさがありました。
せちがらい浮世は江戸も令和の今もなんら変わらず。
私たちの心をしばし潤す落語は、これからもきっと必要です。

三遊亭小遊三さん

  1. 2/2

取材・文 森 綾
https://moriaya.jimdo.com/
大阪府生まれ。神戸女学院大学卒業。
スポニチ大阪文化部記者、FM802編成部を経てライターに。 92年以来、音楽誌、女性誌、新聞、ウエブなど幅広く著述、著名人のべ2000人以上のインタビュー歴をもつ。
最新著書は、「大阪のおばちゃんの人生が変わるすごい格言一〇〇」

撮影 上平庸文



2019.10.09 written by 森綾
  1. LINEで送る

この記事の関連商品

  • かゆらぎ
  • 森の香
  • 伽羅大観

オススメ記事

  • スペシャルインタビュー第56回
  • スペシャルインタビュー第55回
  • スペシャルインタビュー第54回
フレグラボ公式Twitterを
フォローする

スペシャルムービー

最新記事

  • 季節の変わり目のプチ不調に!整うアロマ

    更新日:2021年10月18日

  • スペシャル・インタビュー 第116回:千倉真理さん

    更新日:2021年10月15日

  • 『香草子』その21「菊を愛でるひと」

    更新日:2021年10月7日

  • 凛とした香りースズラン・ネロリ

    更新日:2021年10月5日

  • スペシャル・インタビュー 第115回:辻本美博さん

    更新日:2021年10月1日

  • スペシャル・インタビュー 第114回:浅葉克己さん

    更新日:2021年9月22日

  • スペシャル・インタビュー 第113回:池畑慎之介さん

    更新日:2021年9月17日

  • 『香草子』その20「祭りの起承転結」

    更新日:2021年9月8日