フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第74回:鏡味味千代さん(太神楽曲芸師)
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第74回:鏡味味千代さん(太神楽曲芸師)

《3》香りは目に見えない時計の役目もしてくれる

 フランスに留学していた頃、香水の本場、グラースを訪れたこともあるという味千代さん。

「フランスの人は香りが暮らしに作用することをいつも考えています。香りと生活、人間が一体になっているのです。今も香水の香りをかぐと、留学時代のことがよみがえります」

 山中湖のそばに暮らした子どもの頃から、自然のなかの香りを嗅ぎ分けるのも得意でした。

「故郷には自然がそのままあり、朝、昼、晩の香りが違うのです。だから1日をよりはっきりと意識できます。頭がすっきりするのです。そうして、四季も、香りに区切られています。友達に『今日から秋だね』というと『え、なにが』と言われますが、秋の始まりの香りがあるのです。友達は都会の人だったので『香りで季節を感じたことがない』と言っていました。香りは目に見えない季節の時計でもあるのです」

 東京にいて仕事をするときも、味千代さんのそばには香りがあります。

「修行時代、きものときものの間に匂い袋をはさむ師匠がいました。前座時代、着付けを手伝うとき、師匠の肩にきものをかけると、その香りがふわりと漂うのです。それから、私もきものには白檀の香をしのばせています。そのきものを着たときに、幸せな気持ちになれると同時に、集中力が出て、すっと落ち着きを取り戻せるのです。自分のなかで、女性として一段上がった気がするというか」

 凛とした言葉のなかに、ふっと白檀が香ったような気がしました。
 味千代さんの人生にずっとともにある太神楽の存在も、そんな香り方をするのかもしれません。

鏡味味千代さん

  1. 3/3

写真 ご本人提供

取材・文 森 綾
フレグラボ編集長。雑誌、新聞、webと媒体を問わず、またインタビュー歴2200人以上、コラム、エッセイ、小説とジャンルを問わずに書く。
近刊は短編小説集『白トリュフとウォッカのスパゲッティ』(スター出版)。小説には映画『音楽人』の原作となった『音楽人1988』など。
エッセイは『一流の女が私だけに教えてくれたこと』(マガジンハウス)など多数。
http://moriaya.jp
https://www.facebook.com/aya.mori1


2020.4.21 written by 森綾
  1. シェア
  2. LINEで送る

この記事の関連商品

  • 香り袋
  • 風だより
  • 白檀の香り

オススメ記事

  • スペシャルインタビュー第73回
  • スペシャルインタビュー第72回
  • スペシャルインタビュー第71回

最新記事

  • 捨てていた根っこから育つ!生まれ変わった野菜たちのみずみずしい香りと暮らす
  • スペシャル・インタビュー 第207回:えまおゆうさん
  • スペシャル・インタビュー 第206回:古坂大魔王さん
  • スペシャル・インタビュー 第205回:秋本奈緒美さん
  • スペシャル・インタビュー 第204回:富名哲也さん
  • 料理小説『ヒトサラカオル食堂』第17話 本日のお客様への料理『蕗と厚切りベーコンの煮もの』

スペシャルムービー

  • 花風PLATINA
    Blue Rose
    (ブルーローズ)

  • 日本香堂公式
    お香の楽しみ方

  • 日本香堂公式
    製品へのこだわり

フレグラボ公式Xを
フォローする