1. HOME
  2. FragColumn
  3. もうすぐ「アロマの日」!
    1. コラム
  • もうすぐ「アロマの日」!

世界の国花

世界の「香り」のエピソードをご紹介したので、世界に目を向けて、各国々で親しまれている「国花」をご紹介いたします。「国花」は国民に親しまれている花のことです。国花を知ることで、今まで知りえなかった国のイメージが湧いてくるかもしれませんね

ヒマワリ
国花とする国:ロシア
ヒマワリ=太陽の花というイメージがあると思いますが、ロシアのような寒い国の国花なのは不思議ですよね。でも実は、ロシアでは4分の1のヒマワリ油が生産されており、ロシア人はヒマワリの種が大好きでおやつとして親しまれているようです。

バラ
国花とする国:イギリス・ブルガリア・ルーマニア・ルクセンブルク・イラク・イラン・オマーン・キルギス・アルジェリア・モロッコ
イギリスの国花は、有名なバラ戦争で赤バラをシンボルとするランカスター家の勝利が決め手になったそうです。イギリス含めその他の国々は、バラの女王ダマスクローズの産地であることからといわれています。

ラベンダー
国花とする国:ポルトガル
ラベンダーの語源はラテン語の「洗う」という意味から来ているそうです。

ロータス
国花とする国:エジプト・インド・スリランカ・バングラデシュ・ギアナ(フランス領)・パプアニューギニア
スイレンは古代エジプトの太陽神の象徴とされており、インドの仏教の仏像の台座もハスをモチーフにしているといわれています。ハスはヒンドゥー教や仏教にとって清らかに生きる象徴として、大切なお花なようですね。

ジャスミン
国花とする国:インドネシア・パキスタン・チュニジア
茉莉花(マツリカ)ともいわれるジャスミンは、とても良い香りがする南国のお花です。夜に咲き、香り高く美しい花です。チュニジアで起こった民主化運動はジャスミン革命と呼ばれています。

  1. 2/2
  1. LINEで送る

この記事の関連商品

  • お香 かゆらぎ 薔薇 コーン型12個入
  • テールダグリューム インテリアフレグランスオイル15ml
  • 花の花

オススメ記事

  • 香りと記憶の関係-「プルースト効果」-
  • 夏の簡単ダイエット!アロマ特集
  • 夏本番!日焼けのケアにおすすめのアロマ

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • 温まりたいときには ― ジンジャー・パチュリ

    更新日:2019年10月31日

  • スペシャル・インタビュー 第59回 大西順子さん

    更新日:2019年10月30日

  •  もうすぐ「アロマの日」!

    更新日:2019年10月24日

  • スペシャル・インタビュー 第58回 倉田健次さん

    更新日:2019年10月16日

  • スペシャル・インタビュー 第57回 三遊亭小遊三さん

    更新日:2019年10月9日

  • 長編小説第22話

    更新日:2019年10月7日

  • 落ち込んでいるとき ― ティーツリー・ゼラニウム

    更新日:2019年10月3日

  • 長編小説第21話

    更新日:2019年10月01日

  • スペシャル・インタビュー 第16回 株式会社インアゴーラ

    更新日:2019年9月24日

  • 香りと記憶の関係-「プルースト効果」-

    更新日:2019年9月19日

  • スペシャル・インタビュー 第56回 山田たかおさん

    更新日:2019年9月12日

  • スペシャル・インタビュー 第49回 北原照久さん

    更新日:2019年9月11日

  • スペシャル・インタビュー 第54回結城貴史さん

    更新日:2019年9月04日

  • スペシャル・インタビュー 第53回山添まりさん

    更新日:2019年9月02日