1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第71回:岡崎裕子さん(陶芸家)
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第71回:岡崎裕子さん(陶芸家)

《3》忘れられない香りは「室」の湿りけの香り

 窯の周りは火をたく木の香りや、土の香りが漂います。

「図工室の香りがする、と言われますね(笑)。土は陶土と呼ばれる粘土質のものなので、いろんなものが混じり合っています。赤土は鉄分が多く、白土は鉄分が入っていません。縁などエッジの部分が茶色くなるのは、赤土の影響なのです。 土は大地の香り。私はすごく好きです」

 笠間に弟子入りしていた頃から、土とともに暮らしてきた岡崎さん。先生の家の近くに平屋の一軒家を借りて住んでいたそうです。

「その頃、気持ちをリフレッシュさせるためによくお香をたいていました。洋風なコーン型のものがはやっていたので、イランイランとか。先生のところで、焼かない土の状態で香立てを手作りしていましたね。急須の裏のような円盤に穴を開けて。焼かせてもらうのは悪いなと思って、土のまま持って帰って、使っていました」

 修行中の思い出の香りがもうひとつありました。

「先生の仕事場に『室』と呼ばれる場所がありました。焼き物を急に乾燥させないように入れておく場所なのです。そこはいつも湿度を高くしてあって、地下のワインセラーのような、どこかカビっぽいような、なんともいえない湿りけの香りがありました」

 その4年半は、岡崎さんの人生でまさしく「室」にいるような時間だったのかもしれません。髪が伸び、あたたかい家庭を得た今、それでも土の前で集中するときの岡崎さんはきっと当時と同じ緊張感で作品と向き合うのでしょう。

岡崎裕子さん
✳︎岡崎裕子公式ホームページ http://yukookazaki.com/

  1. 3/3

取材・文 森 綾
https://moriaya.jimdo.com/
大阪府生まれ。神戸女学院大学卒業。
スポニチ大阪文化部記者、FM802編成部を経てライターに。 92年以来、音楽誌、女性誌、新聞、ウエブなど幅広く著述、著名人のべ2000人以上のインタビュー歴をもつ。
最新著書は、「大阪のおばちゃんの人生が変わるすごい格言一〇〇」

撮影 ヒダキトモコ
https://hidaki.weebly.com/


2020.3.13 written by 森綾
  1. LINEで送る

この記事の関連商品

  • お香 セントスケープ春
  • 老梅 壷<練香>
  • お香 カフェタイム インセンス のんびり気分に

オススメ記事

  • スペシャルインタビュー第70回
  • スペシャルインタビュー第69回
  • スペシャルインタビュー第68回

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • モヤモヤしている時 ― ラベンダー・ネロリ

    更新日:2020年05月26日

  • 香りとAI、どう融合する?

    更新日:2020年5月22日

  • スペシャル・インタビュー 第76回:今道しげみさん

    更新日:2020年5月21日

  • 『香草子』その5「父と旅する」

    更新日:2020年5月13日

  • スペシャル・インタビュー 第75回:戸賀敬城さん

    更新日:2020年5月1日

  • 弱気になっている時 ― ローズマリー・フランキンセンス

    更新日:2020年04月30日

  • 『香草子』その4「白い蛇のいる家」

    更新日:2020年4月24日

  • 頑張りすぎた目の疲れに、癒しのアロマ

    更新日:2020年4月23日